発毛治療は独自治療法の表参道スキンクリニックにお任せください

AGA治療薬“ザガーロ”の効果と副作用


多くの方が悩む薄毛や抜け毛の原因は「AGA(男性型脱毛症)」だと言われています。AGAは思春期以降の男性であれば誰でも発症する可能性がありますが、適切な治療を行えばほとんど場合、進行を食い止め、新しい毛の発毛を促すことが可能と考えられています。そこで今回は、AGA治療薬のひとつである「ザガーロ」について詳しく解説いたします。

AGA(男性型脱毛症)のメカニズム

AGAは男性ホルモンが原因で起こる進行性の脱毛症です。男性ホルモンの一種である「テストステロン」は「5αリダクターゼ」の影響を受けることで、悪性男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」に変化します。このジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容体と結合することでAGAが発症します。男性ホルモンと結合したジヒドロテストステロンは、前頭部や頭頂部などの髪の毛に対してヘアサイクルの期間を短縮させてしまうはたらきがあり、抜け毛や薄毛という症状に繋がります。

ザガーロとは?

ザガーロはAGA治療薬として厚生労働省に承認された薬であり、AGA治療の内服薬としてよく知られているフィナステリド(プロペシア)やミノキシジルに続き、2016年6月より日本国内でも販売が開始されました。ザガーロの成分は前立腺肥大の治療薬として開発されましたが、その後、AGAにも効能があることが分かり、日本国内でもAGA治療薬として処方が可能になりました。

ザガーロの効果

前述した通り、AGAの発症には悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが大きく関係しています。ジヒドロテストステロンは、テストステロンが5αリダクターゼの影響を受けることで発生します。ザガーロは5αリダクターゼを抑制する効果があるので、AGAの進行を防ぐ効果が期待できます。

ザガーロとプロペシアの違い

5αリダクターゼには「Ⅰ型」と「Ⅱ型」が存在し、Ⅰ型は主に全身の皮脂腺に、Ⅱ型は前頭部・頭頂部の毛乳頭や前立腺に多く発現していることがわかっています。AGAは主にⅡ型の5αリダクターゼが関係しており、プロペシアに含まれるフィナステリドはⅡ型にのみ作用することでAGAの進行を抑制します。一方でザガーロに含まれるデュタステリドはⅠ型・Ⅱ型の両方に対して抑制効果が認められています。そのため、デュタステリド(ザガーロ)はフィナステリド(プロペシア)より優れた効果が期待できます。

ザガーロの注意点

副作用

ザガーロはAGA治療において高い効果を発揮しますが、副作用が生じる可能性も否定できません。ザガーロの主な副作用は、勃起不全、性欲の減退、精液量の減少といった男性機能に関する変化が確認されています。ただし、これらの発症率は低いため過剰に心配することは避けましょう。万が一体調に異常を感じたらすぐに医師に相談することが大切です。

禁忌事項

ザガーロはプロペシア同様、女性は対象外となります。ザガーロに含まれるデュタステリドは皮膚から吸収される特徴があるため、女性は触ることも禁止されています。

医師の処方のもと正しい服用を

ザガーロは高い効果を実感できる日本国内で承認されているAGA治療薬ですが、海外の製品にもデュタステリド配合の治療薬が存在します。現在はインターネットで個人輸入することも可能ですが、自己判断での服用はリスクが伴います。安心して正しく使用するために、必ず医師の処方を受けましょう。

薄毛・抜け毛のお悩みは表参道スキンクリニックへお任せください

AGAによる薄毛や抜け毛は医療の力で改善できます。表参道スキンクリニックでは長年のAGA治療の実績から、9割以上の患者様に発毛の喜びを感じていただいております。薄毛や抜け毛に関するお悩みは表参道スキンクリニックまでお気軽にご相談くださいませ。

施術の一覧はこちら

クリニックの一覧はこちら


カウンセリング予約 カウンセリング予約 オンライン予約 オンライン予約