発毛治療は独自治療法の表参道スキンクリニックにお任せください

AGA治療薬“プロペシア”の効果と副作用


AGA(男性型脱毛症)の治療薬として代表的な「プロペシア」は、薄毛治療において高い効果を発揮します。その一方で、副作用を心配される方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、プロペシアの効果と副作用を詳しく解説いたします。プロペシアに対する不安を解消して治療を進めていきましょう。

AGA(男性型脱毛症)とは?

まずはAGAについておさらいします。AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略であり、男性型脱毛症を意味します。AGAは思春期以降の男性であれば誰でもなりうる可能性があり、薄毛の原因として最もポピュラーといわれています。AGAの発症は、ジヒドロテストステロンというホルモンの影響によって引き起こされます。ジヒドロテストステロンは、テストステロンという男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が結びつくことで生成され、これによって毛根の細胞の働きが弱まり、発毛サイクルが乱れることで薄毛や抜け毛になるといわれています。

プロペシアとは?

プロペシアはアメリカの医薬品管理局であるFDAで認可されたAGA治療薬であり、現在世界中で利用されています。プロペシアは抜け毛を予防する効果があり、AGA治療薬として日本で最初に認可されました。

プロペシアの効果

薄毛・抜け毛の原因は男性ホルモンのジヒドロテストステロンが影響すると考えられています。ジヒドロテストステロンとは、テストステロンというホルモンが5αリダクターゼという酵素と結びつくことで生成されます。プロペシアはこの5αリダクターゼを阻害する働きがあるため、テストステロンをジヒドロテストステロンに変化させるのを防ぎ、AGAの進行を抑制します。ジヒドロテストステロンが生成されなくなるとヘアサイクルが正常な状態へ戻るため、健康な髪が生えるようになります。

プロペシアの副作用とは?

プロペシアの副作用は大きく分けて2つあります。

⒈男性機能に関する症状

プロペシアを服用すると、体内で生成される男性ホルモンの量が減少します。薄毛の原因となるジヒドロテストステロンの生成に使われる男性ホルモンの量がプロペシアによって減ることで、薄毛は改善されると同時に脳は男性ホルモンが十分に足りていると判断します。すると体内で新たに男性ホルモンが作られなくなるため、性欲の減退や勃起不全などを引き起こすおそれがあります。

2.肝機能に関する症状

プロペシアは肝臓で代謝されるため、肝機能が低下している場合、肝臓に炎症が起こり機能に異常きたすおそれがあります。肝臓の炎症が進行すると、体のだるさや不要物の蓄積による吐き気、黄疸といった症状が出ることがあります。ですが肝機能異常は自覚症状がないケースが多く、ほとんどは血液検査によって明らかになります。

プロペシアの副作用が生じるのは稀?

プロペシアに限らず、あらゆる薬に副作用のリスクがあります。それでもプロペシアの副作用に不安を感じてしまうのは上記のような男性機能への影響が考えられるからでしょう。生死に関わることではありませんが、男性であれば不安を抱えてしまうのは当然です。しかし、実際にこういった副作用はどれくらいの確率で起きているのでしょうか?プロペシアを製造している製薬会社の発表によると、プロペシアで副作用が起きる確率は男性機能に関する症状を含めても1%以下であるのに対し、目に見える薄毛の改善は約9割の方が効果を実感しています。つまり、ほとんどの方は副作用が起こらずに薄毛が改善しているということです。

医師の処方のもと正しい服用を

プロペシアを服用するときは、副作用について過剰に気にしすぎないことが大切です。男性機能の不調は心因性によっても引き起こされるので、プロペシアを飲んでいるからと心配をし過ぎることは避けましょう。また、プロペシアは必ず医師の判断のもと服用することが大切です。当然、血液検査や持病の相談をしてから処方される方が安心です。また、万が一副作用が出た場合はすぐにクリニックを受診してください。医師の判断のもと、副作用に対する薄毛治療の選択肢をご提案します。

薄毛・抜け毛のお悩みは表参道スキンクリニックへお任せください

AGAによる薄毛や抜け毛は医療の力で改善できます。表参道スキンクリニックでは長年のAGA治療の実績から、9割以上の患者様に発毛の喜びを感じていただいております。薄毛や抜け毛に関するお悩みは表参道スキンクリニックまでお気軽にご相談くださいませ。

施術の一覧はこちら
クリニックの一覧はこちら

カウンセリング予約 カウンセリング予約 オンライン予約 オンライン予約