発毛治療は独自治療法の表参道スキンクリニックにお任せください

毎日の冷水シャワーが薄毛を改善するメカニズムとは


薄毛を改善する方法はたくさんありますが、その中のひとつに、冷水シャワーがあります。薄毛の改善によいとされる冷水シャワーとは、シャワーをどのように浴びることなのでしょうか。そのメカニズムとよい浴び方についてまとめました。

毛細血管に血液を十分に送ってやることが大事

薄毛にお悩みの方は多くいらっしゃいますが、そもそも、髪を育てるのに必要なことは何かご存知ですか。

健康な髪を保つために必要なことは、頭皮の毛細血管や毛母細胞に栄養を与えることです。詳しくご紹介していきましょう。

髪の毛を作る毛母細胞は、分裂や成長をするために栄養素や酸素が必要です。毛母細胞はそれらを頭皮に張り巡らされた毛細血管を通して、血液から取り込んでいます。そのため、頭皮の血流が悪くなると、身体の末端にある頭皮の毛細血管に充分な血流が行き届かなくなり、毛母細胞が栄養不足となってしまいます。毛母細胞に栄養が行き渡らなくなると、毛母細胞の分裂や成長が行えなくなるので、毛がだんだん細くなり、やがては抜け毛へと発展していくのです。

つまり、血行不良は髪の成長を妨げる可能性があります。そのため、髪を育てようと考えているのならば、頭皮の血行を良好にして、頭皮の毛細血管を栄養や酸素がたくさん通れるようにする必要があります。

冷水シャワーは温度による刺激が薄毛予防に役立つ

冷水シャワーという、美容・健康法が流行したことがあります。これは、冷水のみでシャワーを浴びることではなく、温水・冷水を交互に浴びる方法のことです。温水と冷水を交互に浴びることで、血行をよくすることを目的とした健康法です。

冷たい水を頭に浴びると血の巡りが悪くなるのでは、と思うかもしれませんが、実際はその逆です。確かに、冷水を頭皮に浴びると一度は血管が収縮しますが、冷水によって体が冷やされると、体温を一定に保とうと脳がよりたくさんの血液を冷えた部分に送るという指令を出します。そのため、毛根を通る毛細血管にも栄養素や酸素が届きやすくなり、髪の成長を促すのです。

これは頭皮においても同じです。頭皮に温水と冷水を交互にかければ、頭皮も血行がよくなることは確かです。全ての方に薄毛改善効果がみられるとまでは断言できませんが、高級な育毛シャンプーやトニックにお金をかけるよりも試しやすいですし、今日から始められることですので、ぜひ試してみませんか。

薄毛を予防する冷水シャワーの方法とは

薄毛予防のための冷水シャワーがよいということについて述べてきました。では最後に、頭皮のための冷水シャワーの具体的な方法についても迫ってみましょう。

頭皮の冷水シャワーの前に、まずは普段通りに、お湯で全身を洗います。頭皮を洗う時は揉むようにすると血行が良くなります。また、頭皮だけでなく、体全体を洗っておくと、全身の血流もよくなりますし、頭皮の状態を冷水シャワーで整えた後、お風呂からすぐ上がることができるのでよいでしょう。

頭も体も洗い終わったら、湯船につかりましょう。この時、しっかり水分補給をしておくと、より血液がサラサラになります。

全身が温まったら、頭皮への冷水シャワーを始めましょう。冷水シャワーを頭皮に当てるためには、髪の間に指を通しながら冷水をかけてください。この時注意すべきことは、冷たすぎて心臓がびっくりしてしまったり、風邪をひいてしまったりしないことです。冷水シャワーはいきなり浴びると急激に体温が低下し、健康上はよくありません。慣れないうちは温水から徐々に温度を下げていきましょう。ポイントは「冷たくて頭皮が気持ちいい」と感じる程度の温度で30秒程度、冷水シャワーをすることです。

冷水シャワーの後は、温水シャワーに切り替え、頭皮を温めます。冷水シャワー→温水シャワー→冷水シャワー→温水シャワーと何セットか繰り返し、一番最後にさっと冷水を頭皮にかけて、お風呂から上がりましょう。最後に軽く冷水シャワーをかけることで、頭皮の毛細血管が一度収縮し、より体温を高めるために血管が拡張し、血流が増えます。

冷水シャワーは脂肪の燃焼を促し、細胞の働きが活性化する

冷水シャワーが頭皮の血行をよくし、その結果、抜け毛予防や薄毛対策になることをご説明してきました。しかし、冷水シャワーの効果はそれだけではありません。冷水シャワーには脂肪の燃焼を促したり細胞の働きを活発にしたりする効果も期待できます。もう少し詳しくご紹介していきましょう。

脂肪には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の二種類があり、脂肪を燃焼させる効果があるのが褐色脂肪細胞です。この褐色脂肪細胞を活性化させることで、脂肪を上手に燃焼させることができると考えられています。

自宅で手軽に褐色脂肪細胞を活性化させるには、冷水シャワーがおすすめです。冷水シャワーとは、先にもご説明したように、入浴時に、温水シャワーを30秒、冷水シャワーを30秒、交互に5~6回浴びるだけです。

冷水シャワーを浴びることで、褐色脂肪細胞の代謝率を約15倍も高めることができます。効率的に脂肪が燃焼されるだけでなく、頭皮の血行促進にもつながります。頭皮の血行と代謝が改善し、毛根に栄養が行き渡ることで、髪の元である毛母細胞の活性化も期待できます。

冷水シャワーが薄毛によい理由とは

冷水シャワーで頭皮を冷やすことによって、脳がより一層頭皮には血流が必要だと判断しますので、頭皮の血流がよくなり、その結果、毛髪を作る細胞である毛母細胞に酸素や栄養分がたくさん送られます。温かいシャワーと冷水シャワーを交互に浴びることは、頭皮にも全身にも良い影響を与えますし、今日から無料でできることなので、無理のない範囲で是非試してみてください。

薄毛・抜け毛のお悩みは表参道スキンクリニックへお任せください

表参道スキンクリニックでは長年のAGA治療の実績から、9割以上の患者様に発毛の喜びを感じていただいております。薄毛や抜け毛に関するお悩みは表参道スキンクリニックまでお気軽にご相談くださいませ。

施術の一覧はこちら
クリニックの一覧はこちら

カウンセリング予約 カウンセリング予約 オンライン予約 オンライン予約