発毛治療は独自治療法の表参道スキンクリニックにお任せください

体温が低いと薄毛になる?体温と薄毛の関係と体を温める方法


薄毛や抜け毛にお悩みの皆さん、髪の悩みというのは生活習慣のあらゆる面と結びついているものです。たとえば、体温。冷えは万病のもとともいわれますが、体温が低いと、髪の毛にも悪影響を及ぼすことがあります。体温と薄毛の関係や、どうすれば体温を上げられるのかをご紹介していきましょう。

体温が低い方は要注意

さまざまな身体の不調を招く「低体温」ですが、「薄毛・抜け毛」とも深いつながりがあるということをご存知でしょうか。まずは、低体温が髪の毛の成長にどのように関係しているのかをご説明していきましょう。

人間の平均体温は36.5度といわれていますが、平均体温が36度以下の低体温になると身体にさまざまな悪影響を及ぼします。そして、髪の毛にまでその影響は及び、「薄毛・抜け毛」の原因となります。それはなぜでしょうか。

体温と髪の毛の成長について考えるには、まずは健康な髪の毛はどう育つかについて知っておきましょう。健康な髪は、頭皮に十分な栄養素が運ばれることによって成長します。特に酵素は、髪の毛に必要なたんぱく質やアミノ酸などの栄養素を合成する役割があり、髪の毛の成長に欠かせません。

しかし、低体温の方というのは、全身の血行が悪くなっている状態です。血行が悪くなって体全体に栄養が行き届きにくくなると、人間の体は生きるために必要な部分に先に栄養が送られて、直接生命に関わりのない髪の毛は後回しにされてしまいます。そうすると、健康な髪の毛が生えるための栄養が足りなくなるので、髪の毛が抜けたり、元気な髪の毛が生えなくなったりしてしまうのです。

つまり、低体温だから髪の毛に悪影響を及ぼすのではなく、体温が低いということは全身の血液循環が滞っている証拠であり、頭皮の血行不良により髪に必要な酸素や栄養が供給されない状態が続くことで、発毛に悪影響が出るといえます。

髪の毛にお悩みの方は、低体温は血行不良の指標ととらえ、頭皮の血流を良くするために体温を上げる工夫をすることをおすすめします。

お風呂で10分ほどリラックスすると血流がよくなる

元気な髪の毛が生えてくるためには、頭皮の血行をよくすることが大切です。

頭皮の血流をよくする方法のひとつには、入浴の工夫があげられます。適切な入浴方法を行うことで、薄毛や抜け毛の予防につなげることもでき、育毛のサポートにも効果が期待できます。具体的にはどのようにお風呂に入ればよいのでしょうか。

ぬるめの温度で長く入浴すると、高い温度での入浴に比べて保温効果に違いが見られます。つまり、ぬるま湯に長く浸かるほうが体温の低下が緩やかということです。ゆっくり浸かって10分ほど体をあたためると、リラックスしている時に働く副交感神経が活性化して血流がよくなり、毛根や頭皮に必要な栄養が行き届きやすくなります。頭皮のみの血行を改善する頭皮マッサージよりも断然効果が高くなります。頭皮だけの血行をよくしても全身の血行が悪ければあまり意味はありませんので、頭皮の血行をよくしたいなら、全身の血行の改善を意識しながら全身を温めるのがおすすめです。

なお、高温のお風呂は皮膚表面の皮脂膜が失われて乾燥を招くため、育毛には逆効果です。

筋力の低下は体温を低下させる

入浴法以外にも、低体温を改善し、頭皮の血流をよくする方法はあります。ご自身の平均体温を上げるには、筋力トレーニングがおすすめです。特に下半身の筋肉を鍛えることで新陳代謝が効率的に上がり、平均体温を上げることができます。筋トレで低体温も薄毛も改善しましょう。

平均体温が35度台の低体温の方は、免疫差力が低下して風邪を引きやすい体いなっています。また、体温が低いため新陳代謝も低下します。加えて身体中の血液の巡りが悪く、血流も低下しています。これら3つの要因は頭皮にも悪影響を及ぼし、結果的に薄毛の進行を早めてしまうおそれがあります。

頭髪に悪影響を及ぼす低体温を改善するためには、やはり筋肉を増やすとよいでしょう。筋肉が増えれば基礎代謝も上がるため、体温が上がります。特に全身の筋肉の70パーセントを占める下半身を鍛えることで、効率的に基礎代謝を上げることができます。

具体的にはスクワットやウォーキング、ランニングが効果的です。ほかにも、ぬるめの風呂に10分以上浸かったり、温かい食べ物や飲み物を体に入れたりすると平均体温を上げることができます。

体温が低くなるとフケやマラセチア菌の異常繁殖で脱毛が誘発する

薄毛や抜け毛の原因となるのは、頭皮の血行が悪いことだけではありません。たとえば、フケなども抜け毛の原因となります。フケの主な原因は2つあります。

1つ目は、空気が乾燥し、頭皮の変質が早くなることです。これは「乾性」のフケです。頭皮がひび割れるほど乾燥したり、かゆみを感じている方は要注意です。

2つ目は、皮膚から皮脂の分泌が増え、表皮がはがれやすくなることです。これは「脂性」のフケです。皮膚に常在するマラセチア菌という細菌が何らかの原因で増えると、マラセチア菌が皮脂を分解する際の刺激で「脂漏性皮膚炎」が起こる可能性もあります。マラセチア菌は生活習慣により増えることが多いとされています。

フケの原因である頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌は、実は薄毛の原因でもあります。フケが出ている状態を放置することで薄毛になりやすいため、フケが続くと感じる方は、フケ改善の工夫をしましょう。

基礎体温を上げることが頭皮や毛髪の健康につながる理由とは

基礎体温が低い方は、全身の血流が悪い方です。そのため、頭皮に充分な栄養が行きわたらず、抜け毛や薄毛の原因となります。また、体温が低いとフケも発生しやすく、フケを放置しておくとやはり抜け毛や薄毛につがってしまいます。

そのため、髪の毛にお悩みの方で体温が低い方は、低体温の状態を放っておいてはいけません。ぬるま湯に長くつかる入浴方法や筋肉トレーニングをすることで、全身の血流を改善したり基礎代謝を上げたりして、頭皮の健康につなげましょう。

薄毛・抜け毛のお悩みは表参道スキンクリニックへお任せください

表参道スキンクリニックでは長年のAGA治療の実績から、9割以上の患者様に発毛の喜びを感じていただいております。薄毛や抜け毛に関するお悩みは表参道スキンクリニックまでお気軽にご相談くださいませ。

施術の一覧はこちら
クリニックの一覧はこちら

カウンセリング予約 カウンセリング予約 オンライン予約 オンライン予約