発毛治療は独自治療法の表参道スキンクリニックにお任せください

薄毛の原因?正しいシャンプー&ワックスの使い方


毎日使うシャンプーやワックスの正しい使用法はご存知ですか?間違った使い方を続けていると薄毛に繋がる可能性も否めません。また、健やかな頭皮環境を保つことは育毛にとってとても大切なことです。そこで今回は、シャンプーやワックスの正しい使い方について詳しく説明いたします。

シャンプーの使い過ぎは薄毛の原因?

皮脂などの汚れをシャンプーで洗浄し、清潔な頭皮環境を保つことは薄毛予防にとっても重要です。しかし、洗いすぎや洗浄力の強いシャンプーを使い続けると頭皮に必要な皮脂や常在菌まで失われ、毛穴の皮脂詰まりを引き起こしたり頭皮の健康を損うことに繋がります。そのため、過剰なシャンプーによって頭皮に必要なものまで取り除くことは薄毛の要因のひとつになると考えられます。

シャンプーの種類

わたしたちが普段何気なく使っているシャンプーにはいくつかの種類があります。配合されている成分によってそれぞれ特徴が異なるため、自分の肌質や髪質に合ったものを選ぶことが大切です。

高級アルコール系(石油系)

ドラッグストアなどで市販されている大半のシャンプーはこの種類に分類されます。特徴は安価で手に入りやすく、泡立ちが良いことです。洗浄力が強いため皮脂が多い方や整髪料を使用している方にはおすすめですが、敏感肌や乾燥肌の方は必要なものまで洗い落としてしまうおそれがあるので注意が必要です。

石けん系

石けん素地や脂肪酸カリウムが主成分であり、アルコール系シャンプーと同じくらいの洗浄力があります。天然成分の石けんは肌に優しいのが特徴ですがアルカリ性のため、乾燥肌やアトピー性皮膚炎がある方は刺激が強い可能性があります。

アミノ酸系

洗浄成分である界面活性剤にアミノ酸系の成分を含んでいるシャンプーです。アミノ酸は人体を構成するたんぱく質の一種であり、低刺激のため肌が弱い方でも頭皮に優しく洗浄できます。他のシャンプーに比べると穏やかな洗浄力のため、たくさん汗をかいた日や油っぽいものを食べた日は二度洗いすることがおすすめです。

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプー

シリコンシャンプーとは、髪の表面を滑らかにするシリコンが配合されたシャンプーです。手触りやツヤは良くなりますが、シャンプー後にシリコンの成分が頭皮に残ったままだとフケやかゆみの原因になり、頭皮に負担をかける可能性があります。シリコンが配合されていないノンシリコンシャンプーは泡立ちの悪さや洗いあがりのきしみを感じることがありますが、必要な皮脂まで洗い落とすことなく洗浄できることが魅力です。

お湯のみで洗う「湯シャン」

湯シャンとは、シャンプーやコンディショナーは使用せずお湯のみで行う洗髪方法です。湯シャンを行うことで皮脂の洗いすぎを防ぎ、人間が本来持っている髪や頭皮のバリア機能を取り戻すことができるといわれています。湯シャンを行う際は、最初はぬめりを感じたり効果を感じにくい場合もあります。自分の頭皮を観察しながら、通常のシャンプーと湯シャンを組み合わせて行うなどベストな方法を選びましょう。

ワックスも薄毛の原因?

ワックスなどの整髪料が薄毛の原因になると聞いたことはありませんか?それは、ワックスやホコリが頭皮に付着し毛穴が詰まりやすくなることや、ワックスに含まれる界面活性剤によって髪が弱るからだと考えられています。

正しいワックスの使い方

ワックスを使う際は、「ワックスを地肌につけないように使用する」「ワックスの使用量を少なくする」の2点を意識しましょう。こうすることで毛穴の詰まりや髪へのダメージは最小限に抑えられます。また、ワックスを使用した日は必ずその日のうちに洗い流すようにしましょう。シャンプーの前にお湯でよく流すことも重要です。休日にワックスを使用しない日を設けることも髪や頭皮の健康を保つためには有効です。

薄毛・抜け毛のお悩みは表参道スキンクリニックへお任せください

表参道スキンクリニックでは長年のAGA治療の実績から、9割以上の患者様に発毛の喜びを感じていただいております。薄毛や抜け毛に関するお悩みは表参道スキンクリニックまでお気軽にご相談くださいませ。

施術の一覧はこちら
クリニックの一覧はこちら

カウンセリング予約 カウンセリング予約 オンライン予約 オンライン予約