発毛治療は独自治療法の表参道スキンクリニックにお任せください

AGA治療薬“ミノキシジル”タブレット(内服薬)とリキッド(外服薬)の違いは?


AGA治療薬として広く知られているミノキシジルは、血管拡張作用と毛母細胞に直接働きかけることで発毛効果を促します。ミノキシジルにはタブレット(内服薬)とリキッド(外服薬)の2種類があります。それぞれの特徴や効果の違いについて詳しく説明いたします。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは、「血液の流れを良くする働き」と「毛根にある毛母細胞を活性化させる」2つの働きによって、髪がない部分に新たに毛を生やす効果があります。では、なぜこの2つの作用によって新しい髪が生えてくるのでしょうか?順を追って説明していきましょう。

ミノキシジルの血管拡張作用

ミノキシジルとはもともと高血圧患者のための降圧剤として開発されました。降圧剤として利用されてきたミノキシジルには血管拡張作用があり、血液の流れをスムーズにする働きがあります。血液の流れがよくなることで、育毛に必要な栄養素や酸素が髪の細胞まで行き届きやすくなります。その結果、髪が育ちやすくなることが発毛を促す一因になると考えられています。

毛母細胞を活性化させる作用

髪の毛は、毛根にある毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで新しい髪が作られます。ミノキシジルは、この毛母細胞に対してダイレクトに働きかける作用があります。ミノキシジルの作用によって活性化した毛母細胞は再び細胞分裂を繰り返すようになり、新しい髪の毛が作られるようになると考えられています。

ミノキシジルはタブレット(内服薬)とリキッド(外服薬)の2種類ある

発毛効果のあるミノキシジルはタブレット(内服薬)とリキッド(外服薬)の2種類があります。ミノキシジルの高い発毛効果を実感するためには、違いや特徴を正しく理解しておきましょう。

ミノキシジルのタブレット(内服薬)

ミノキシジルのタブレット(内服薬)は経口摂取のため、血液の流れに乗って成分が直接細胞まで届くため、成分の摂取率が高いことが特徴です。体内へ直接取り込むためリキッド(外用薬)よりも高い効果が期待できますが、副作用のリスクが高まる可能性もあり、必ず医師の指導のもと服用することが大切です。長年AGA治療に努めてきた表参道スキンクリニックでは、多くの患者様からミノキシジルのタブレット(内服薬)によって発毛効果を実感いただいております。

ミノキシジルのリキッド(外服薬)

ミノキシジルのリキッド(外服薬)は、直接頭皮に塗布する発毛剤であり、タブレット(内服薬)に比べて副作用が少ないといわれています。臨床実験を何度も重ね効果も実証されており、厳しい評価基準を設けるFDA(アメリカ食品医薬局)でも認可されています。リキッド(外用薬)は市販薬としても販売されていますが濃度は定められているため、より高い濃度を希望する場合や、ご自分に合った濃度のお薬を希望する場合は専門のクリニックで処方を受けるのが良いでしょう。

ミノキシジルのタブレット(内服薬)とリキッド(外服薬)の併用

ミノキシジルのタブレット(内服薬)とリキッド(外服薬)は同じ成分を含み、作用も同じため併用することは可能です。しかし、もともと降圧剤として用いられるため、体質によってはタブレット(内服薬)とリキッド(外服薬)の併用が体の負担になることも考えられます。持病や低血圧がある方は必ず医師への相談を行いましょう。また、現在のAGA治療ではミノキシジルとの併用にプロペシアやフィナステリドが多く用いられます。プロペシアやフィナステリドは、薄毛や抜け毛の原因となる男性ホルモン、ジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きがあり、発毛効果のあるミノキシジルと併用することでより満足度の高い結果へ導きます。

薄毛・抜け毛のお悩みは表参道スキンクリニックへお任せください

高い発毛効果のあるミノキシジルはAGA治療にとても有効な治療薬です。しかし、副作用のリスクもあるため専門知識を持った医師の診断のもと正しく服用することが大切です。表参道スキンクリニックでは長年のAGA治療の実績から、9割以上の患者様に発毛の喜びを感じていただいております。薄毛や抜け毛に関するお悩みは表参道スキンクリニックまでお気軽にご相談くださいませ。

施術の一覧はこちら
クリニックの一覧はこちら

カウンセリング予約 カウンセリング予約 オンライン予約 オンライン予約