発毛治療は独自治療法の表参道スキンクリニックにお任せください

薄毛予防に大事な7つの習慣


薄毛は男性ホルモンや遺伝、生活習慣、ストレスなどの要素が原因といわれており、思春期以降の男性であれば誰でもなりうる可能性があります。今ある髪の毛を維持するためには生活習慣を見直し、早めに薄毛予防を心がけることが大切です。

薄毛予防の習慣1「食生活」

栄養バランスの整った食事を心がけ、健康体を保つことは薄毛予防にとっても重要なことです。偏食や過度なダイエットによる栄養不足、もしくは脂質や添加物の過剰な摂取は薄毛以外にも様々な病気に繋がるおそれがあります。バランスの良い規則正しい食生活を送ることが薄毛対策や病気の予防になります。

薄毛予防の習慣2「睡眠」

仕事やプライベートなどで何かと多忙な現代人は睡眠がおろそかになりがちです。しかし、育毛のためにも良質な睡眠は欠かせません。ポイントとなるのは睡眠中に分泌される「成長ホルモン」であり、この成長ホルモンは入眠から3時間後に最も多く分泌されるといわれています。薄毛を予防するためには毎日の睡眠時間をきちんと確保できるような生活を心がけましょう。

薄毛予防の習慣3「運動」

運動習慣は薄毛予防や健康にとってとても効果的です。適度な運動はストレス発散や、心地良い疲労感からくる良質な睡眠に繋がります。また、運動によって血行が良くなることで育毛に必要な栄養素が頭皮までしっかり行き渡るようになります。普段運動不足の方はいきなり無理をせず、ウォーキングや自転車など身近な有酸素運動を生活に取り入れることがおすすめです。

薄毛予防の習慣4「飲酒の量」

適量の飲酒はストレス発散などのメリットがあります。しかし、多量の飲酒は薄毛の要因のひとつになる可能性も少なくありません。飲酒をした後、体内ではアルコール分解にアミノ酸やビタミンなど育毛に必要な栄養素を消費してしまいます。また、アルコールが体内で変化してできる「アセトアルデヒド」という毒性の強い物質が薄毛を進行させる可能性もあるといわれています。飲酒をする際には飲みすぎに気を付け、適量にとどめることが大切です。

薄毛予防の習慣5「喫煙の量」

昨今、喫煙による健康被害の声が高まっていますが、薄毛予防においても喫煙はなるべく避けた方がよいでしょう。たばこに含まれるニコチンは血管を収縮させる作用があります。血液の流れが悪くなることによって育毛に必要な栄養素が頭皮まで運ばれず、結果薄毛に繋がります。薄毛予防や健康のために、禁煙や本数を減らすことを心がけましょう。

薄毛予防の習慣6「ストレスをためない」

精神的なストレスは薄毛を進行させるいくつかの要素を含んでいます。ストレスを感じると、自律神経の乱れによって起こる血行不良、内臓機能の低下、ホルモンバランスの乱れ、体内の老化を助長させる活性酸素の増加などが起こります。これらは健康を阻害することはもちろん、育毛にとっても悪影響を及ぼします。日常生活でなるべくストレスをためないよう自分の好きなことを大事にする時間を確保するのがおすすめです。

薄毛予防の習慣7「頭皮マッサージ」

頭皮マッサージを行うと頭皮の血行が促進されるため、育毛に必要な栄養素が毛根の細胞まで行き届きます。また、マッサージによって精神がリラックスすることでストレス解消の効果も期待できます。毎日のシャンプーの時にマッサージの習慣も取り入れると良いでしょう。

薄毛予防とは健康的な生活を心がけること

以上、薄毛予防の習慣7つをご紹介いたしました。最初からすべてを完璧にこなすよりも、まずは自分の生活の中でできることから始めることが大切です。薄毛予防や健康のためには日々の小さな積み重ねがカギとなります。

薄毛・抜け毛のお悩みは表参道スキンクリニックへお任せください

薄毛予防以上の具体的な対策や治療をご希望の方はぜひ表参道クリニックにお越しくださいませ。表参道スキンクリニックでは長年のAGA治療の実績から、9割以上の患者様に発毛の喜びを感じていただいております。薄毛や抜け毛に関するお悩みは表参道スキンクリニックまでお気軽にご相談くださいませ。

施術の一覧はこちら
クリニックの一覧はこちら


カウンセリング予約 カウンセリング予約 オンライン予約 オンライン予約