発毛治療は独自治療法の表参道スキンクリニックにお任せください

AGA治療は早めの治療がカギ!その理由とは?


「以前に比べて髪の毛のコシがなくなり、薄くなった気がする」「おでこの髪の毛が後退してきたかもしれない」そういった自覚症状はAGA(男性型脱毛症)かもしれません。AGAだと気付いたときは恥ずかしい気持ちや不安な気持ちを感じるかもしれませんが、AGAは早めの治療が大切です。今回はAGAの早期治療について詳しく説明いたします。

AGAとは?

AGAとは“Androgenetic Alopecia”の略であり、「男性型脱毛症」のことをいいます。AGAは、テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結びつくことでジヒドロテストステロンというホルモンに変化し、このジヒドロテストステロンがヘアサイクルを乱すことが原因だといわれています。その他にも遺伝や生活習慣も要因のひとつに考えられますが、思春期以降の男性であれば誰でもAGAを発症する可能性があります。

AGAの治療法

現在AGAは、治療を行うことによって高確率で改善が期待できます。AGAの治療法は大きく分けて薬剤を直接頭皮に塗布する外用療法と、薬剤を内服する内用療法の2つがあります。いくつかの薬剤を組み合わせて治療を行い、「薄毛の進行を食い止める」ことと、「新しい髪の毛を増やす」ことを同時に進めていくことでより高い発毛効果を促します。薬剤を用いた治療はこれまで多くの症例データから高い効果を発揮することが実証されています。

AGAは早めの治療が肝心!その4つの理由

AGAに気づいた場合は、なるべく早めの治療が肝心だといわれます。AGA治療を早めに行うメリットとはなんなのでしょうか?その理由について詳しく4つに分けて解説いたします。

1.早期回復が期待できるため、見た目で分かる前に予防できる

AGAの症状は時間の経過とともに進行するため、放置してしまうとどんどん悪化してしまう可能性があります。ですが、早期の症状であればまだ軽度な段階であり、この時期に対策を打つことで早めの回復が期待できます。また、AGAの進行が進んでからの治療の場合、治療前後の毛量に差がでてしまうことを気にされる方もいらっしゃいます。こういったことを避けるためにも早期治療は重要といえるでしょう。

2.毛根の寿命(ヘアサイクル)には限界がある

新しい髪の毛がつくられるには、ヘアサイクルが正常に繰り返すことが大切です。また、一生の毛根の寿命(ヘアサイクル)には限りがあります。AGAの影響によってヘアサイクルが短縮されると、毛根の寿命が大幅に削られてしまいます。AGAを放置した結果、早まった寿命を迎えた毛根からは二度と髪の毛が生えてくることはありません。そのため、毛根が生きている段階でヘアサイクルを正常に戻すことが重要になってきます。

3.少ない費用で効果を実感しやすい

AGAは自費診療のため安価で受けられる治療とは言えないでしょう。しかし、AGAの症状は進行すればするほど治療期間が長引いたり、用いる薬剤の種類が増えたりしてより費用がかさむ可能性が考えられます。早期の症状であれば治療に使用する薬剤の種類や量も最低限に抑えることが可能であり、経済的な負担も少なく済むでしょう。

4.心のダメージの軽減

AGAは髪の毛の減少だけでなく、精神面にも大きな影響を与えます。特に20代前半~の若い段階でAGAを発症した場合は、自分自身に対して「恥ずかしい」や「自信がない」という気持ちを抱いてしまいがちです。AGA治療によって薄毛が改善することでこういったストレスから解放されると、普段の生活や性格にも良い影響を与えるでしょう。早期に治療を開始することでAGAに悩む時間も減り、心のダメージが少ない状態で回復できます。

薄毛・抜け毛のお悩みは表参道スキンクリニックへお任せください

AGAの治療は以上の理由からなるべく早めの受診がおすすめです。表参道スキンクリニックでは長年のAGA治療の実績から、9割以上の患者様に発毛の喜びを感じていただいております。薄毛や抜け毛に関するお悩みは表参道スキンクリニックまでお気軽にご相談くださいませ。

施術の一覧はこちら
クリニックの一覧はこちら

カウンセリング予約 カウンセリング予約 オンライン予約 オンライン予約