発毛治療は独自治療法の表参道スキンクリニックにお任せください

自分で出来るAGAの簡単セルフチェック


以前に比べて髪のコシがなくなったり、髪が細くなったと感じたら、それはAGAの進行が進んでいるかもしれません。将来自分の髪の毛がどうなってしまうのか不安に思う方は実際多くいらっしゃいます。今回は、AGAの簡単なセルフチェックと、AGAの原因、また対策について詳しく説明いたします。

AGAのセルフチェックをしてみましょう!

自分では症状に気づきにくかったり、なかなか周囲の人が指摘しづらいのもAGAの特徴です。まずは自分でセルフチェックを行い、現状と向き合いましょう。

  • 1.父親や、父方の祖父母のいずれかに薄毛の人がいる
  • 2.母親や、母方の祖父母のいずれかに薄毛の人がいる
  • 3.シャンプーやブラッシング時、または枕元に残る抜け毛が増えた
  • 4.以前よりうぶ毛や細い毛が増え、髪のボリュームが減った
  • 5.思春期の頃に比べて髪が薄くなったと感じる
  • 6.徐々に薄毛が進行している気がする
  • 7.頭皮が荒れている状態が続いている
  • 8.髪の生え際が後退しておでこが広くなったような気がする
  • 9.頭頂部(つむじ)の髪が薄くなった気がする
  • 10.髪の生え際と頭頂部(つむじ)の両方が薄くなった気がする

いかがでしたか?当てはまる項目が多いほどAGAが進行している可能性が高いと考えられます。

薄毛の原因とは?

AGAをはじめとする「薄毛」の原因とは一体なんなのでしょうか。実は理由はひとつではなく、いくつかの要因が絡み合っている場合も考えられます。AGAやそれ以外の薄毛の原因をそれぞれ詳しく解説いたします。

・生活習慣

偏った食生活や睡眠不足、運動不足、お酒やたばこなどの嗜好品の摂取によって薄毛になる可能性は高まります。こういった生活習慣の乱れは体に蓄積され、心や体に様々な影響を及ぼします。規則正しい生活を送ることは、薄毛の予防はもちろん心身の健康のためにも重要であると言えるでしょう。

・男性ホルモン“ジヒドロテストステロン”の影響

男性ホルモンの一種であるテストステロンは、男性的な体つきになるのに必要なホルモンです。しかし、前頭部や頭頂部に存在する5αリダクターゼという酵素の一種と結合することでジヒドロテストステロンというホルモンが生成されます。ジヒドロテストステロンは毛乳頭にある受容体(レセプター)に結合すると「髪の毛をつくるな」という指令を出し、それによってヘアサイクルが乱れ抜け毛が引き起こされます。薄毛の症状として最も有名なAGAはこういった仕組みが原因とされています。

・遺伝の影響

前述の通り、AGAはジヒドロテストステロンと毛乳頭の受容体(レセプター)が結合することによって進行していきます。また、「結合しやすさ」と「5αリダクターゼの量」は遺伝が関係していると考えられます。しかし、薄毛になりやすい体質は遺伝するものの、その遺伝子を持っているからといって必ずAGAを発症するとは言い切れません。

・ヘアスタイルの影響

ヘアカラーやブリーチ、パーマなどでヘアスタイルを変化させることは多くの方が行っています。しかし、こういった行為は髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまうことも否めません。これだけが薄毛の原因になるわけではありませんが、薬剤の影響で薄毛になりやすい頭皮環境を作ってしまう可能性は考えられます。

・頭皮環境の乱れ

自己免疫疾患やホルモンバランスの乱れなどによって湿疹やかゆみなど頭皮に炎症が生じると、それに伴って髪が抜ける場合があります。

AGAの対策

薄毛の要因は様々ありますが、AGAの場合は病院での治療や内服薬、または外服薬の使用で高確率で改善が期待できます。また、早めの治療を行うことが快方への糸口となるため、AGAの自覚症状がある場合はひとりで悩まず、専門のクリニックを受診することが大切でしょう。

薄毛・抜け毛のお悩みは表参道スキンクリニックへお任せください

表参道スキンクリニックでは長年のAGA治療の実績から、9割以上の患者様に発毛の喜びを感じていただいております。自分がAGAかどうか分からない、治療の前に症状を診断してほしいなど、薄毛や抜け毛に関するお悩みはなんでもお気軽にご相談くださいませ。

施術の一覧はこちら
クリニックの一覧はこちら

カウンセリング予約 カウンセリング予約 オンライン予約 オンライン予約